パンダの穴のフィギュアはつい集めたくなります。

パンダの穴のフィギュアはつい集めたくなります。

どうもこんにちは わかめご飯風ごはんです。
以前の記事でサイバーパンクな犬のフィギュアを紹介しました。

それ以前にちょくちょく集めているフィギュアがあります。
株式会社タカラトミーアーツのパンダの穴が作っているフィギュアです。

この記事では僕が持っているパンダの穴のフィギュアをすべて紹介します。

パンダの穴とは

「パンダの穴」は、電通テックのクリエイティブチームとタカラトミーアーツのコラボから生まれた、変わったもの・ヘンなものが好きな大人の方をメインターゲットとしたガチャブランドです。

パンダの穴から引用

変なフィギュアが多いです。
人気のシリーズだと

植木街
盆悩
シャクレルプラネット
顔ゴリラ
などです。

pandanoana001
パンダの穴から引用

たまにガチャガチャコーナーに行くと新しいパンダの穴のフィギュアないかなと探してしまいます。
面白い発想だなあと思うフィギュアが多いので、見ていて楽しいですよ。

持っているシリーズ

僕が持っているシリーズは2つです。
ひとつはZoo Zoo Zooというシリーズを集めています。
もう一つはミニチュアスナイパーというフィギュアです。

zoo zoo zooシリーズ

Zoo Zoo Zooは動物が寝ているフィギュアです。
シリーズごとに違う動物たちが様々な恰好で寝ていて非常に可愛いです。
価格は200円で、どれもクオリティが高いです。
シリーズは2019年10月30日現在で6弾まで出ています。

どのシリーズもつまみ食いのようなかたちで集めているので、コンプリートしているわけではありませんが、シリーズに分けて紹介していきます。
ちなみに確認したら第5弾はひとつも持っていませんでした。

1弾

zoozoozoo01 zoozoozoo02 zoozoozoo03 zoozoozoo04

2弾

zoozoozoo05 zoozoozoo06 zoozoozoo07

3弾

zoozoozoo08 zoozoozoo09 zoozoozoo10

4弾

zoozoozoo11 zoozoozoo12 zoozoozoo13 zoozoozoo14

6弾

zoozoozoo15 zoozoozoo16 zoozoozoo17

7弾は11月に発売予定

zoozoozoo18
zoozoozoo19
zoozoozoo20
パンダの穴から引用

僕はラクダとコアリクイが欲しいです。

ミニチュアスナイパー

ミニチュアスナイパーは名前の通りミニチュアのスナイパーが日常のいたるところに隠れているフィギュアです。
付属の飴玉の包み紙や、トマト、ピーナッツの中に隠れていて、机の上などに置いておきたくなります。

Zoo Zoo Zoo以外は集めないようにしていたのですが、ミニチュアスナイパーは僕の好みに刺さってしまいました。
この記事を書いているときに調べたら、第2弾が出ていました。欲しい。

1弾

MinitureSniper04 MinitureSniper01 MinitureSniper02 MinitureSniper03

自販機でも売っている

基本的には家電量販店などのガチャガチャコーナーにありますが、たまに、パンダの穴のフィギュアが売っている自販機もあります。
東京駅と大船駅に売っているのは確認しました。
機会があれば写真を撮っておこうと思います。

まとめ

以上、僕が持っているパンダの穴のフィギュアたちでした。
また集まったら記事にします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です