Made by Googleを見てpixel4にワクワクしました。

Made by Googleを見てpixel4にワクワクしました。

pixel4_01
GoogleおよびGoogleロゴは、Google LLCの登録商標であり、許可を得て使用しています。

みなさんMade by Google 2019は見ましたか?
僕は今回のpixel4の発表にとてもワクワクしました。
他はイヤホンとかありましたけど、あまりそそられなかったです。

この記事ではpixel4の良いなと思った機能や今後の端末にどう繋がっていくか、軽い予想を含めてざっくり書いていきます。

ちなみに1年くらい前からスマホを持たなくなって、タブレット一本で生きているんですけど、次買うならpixel4かなーと思うくらいには惹かれている機種です。

外観 スペック

pixel4_02
GoogleおよびGoogleロゴは、Google LLCの登録商標であり、許可を得て使用しています。

ざっくりスペックは

  • 画面サイズは5.7インチ
  • メモリは6GB
  • ストレージは64GBと128GB
  • バッテリーは2800Ah
  • カラバリは黒白オレンジの3種類

って感じです。

メモリは6GBあれば十分でしょう。
スマホだけで動画編集したり、高画質なゲームをガッツリやるとかなら厳しいかもしれないですけど。
ストレージも64GBでクラウド使えば足りそうな気がします。

カラーはオレンジが可愛い。
買うならこの色にしようと思います。

機能

今回の発表ではモーションセンス、カメラ、ボイスレコーダーの3つの機能が気になったので、それぞれ分けて説明していきます。

モーションセンス

pixel4_03
GoogleおよびGoogleロゴは、Google LLCの登録商標であり、許可を得て使用しています。

これはスマホに触れなくても操作ができるようになります。
soliレーダーという技術によって画面の前でジェスチャーをすると、着信を切ったり、目覚ましを止めたりできます。
端末と手との距離で目覚ましの音量を変えられたりする説明もあったので、他のアプリにも使えそうです。

ただ、日本で使えるのは2020年春になるらしいです。

カメラ

pixel4_04
GoogleおよびGoogleロゴは、Google LLCの登録商標であり、許可を得て使用しています。

まずカメラが2眼になりました。

pixel4_05
GoogleおよびGoogleロゴは、Google LLCの登録商標であり、許可を得て使用しています。

あとはPixel Neural Coreという機械学習エンジンがホワイトバランス自動調整をしてくれます。

pixel4_06
GoogleおよびGoogleロゴは、Google LLCの登録商標であり、許可を得て使用しています。

@pixel4_07
GoogleおよびGoogleロゴは、Google LLCの登録商標であり、許可を得て使用しています。

Dual Exposureという機能、これによって明るさと暗さを調節してから撮影できるので、撮影後に現像ソフトを噛ませたりする必要がなくなるかもしれないですね。

pixel4_08
GoogleおよびGoogleロゴは、Google LLCの登録商標であり、許可を得て使用しています。

なんかすげー技術で天体撮影が可能になるらしいです。
4分間本体を動かさずに撮影することが条件みたいですけど、これだけ綺麗な天体が撮影できるなら一度やってみたいです。

ボイスレコーダー

pixel4_09
GoogleおよびGoogleロゴは、Google LLCの登録商標であり、許可を得て使用しています。

僕が一番いいなと思った機能です。
ボイスレコーダーで録音しながら同時にテキスト化も行なってくれます。
しかもオフラインで。

正直ブログ始めていなかったら気にも留めていなかった機能だと思うんですけど、是非使ってみたいです。

pixel4_10
GoogleおよびGoogleロゴは、Google LLCの登録商標であり、許可を得て使用しています。

あと生成されたテキストは音声データとリンクしていて、テキスト検索した箇所と音声の箇所を照らし合わせて確認できるらしいです。

これすごくないですか。

誤変換も音声データを確認しながら訂正すればいいので、文字起こし系の仕事してる人めちゃくちゃ時短できそう・・・。

発表では英語だけで、徐々に多言語に対応していくみたいなので、日本語の対応を期待しています。

価格

この記事を書いている2019年10月18日時点で約9万です。
一時期のスマホ価格高騰を考えると妥当な価格かなと思います。
パソコン買える価格なので高いと思いますけどね。

今後の端末はどうなるか

今回の発表はモーションセンスにかなり力を入れていると感じた発表だったので、今後の端末はスマホに触れずにより細かい操作ができるようになりそうです。

ある程度の操作がモーションセンスで行えるようになったあたりでスマホの時代が終わって、眼鏡型のような端末が実用レベルで普及しそうだなと思っています。

携帯からスマホへの移行時は、変わらず両手を使っていたので物理ボタンを押すかタッチするかの違いでしたけど、眼鏡とかになってくるとガラッと操作感が変わるので、モーションセンスのような機能に慣れておくと割とスムーズに新しい端末に移行できそうです。

身体に埋め込んだり脳直結型の端末が普及してジェスチャーは活きないかもしれないですけどね。

個人的にはそれくらい先が感じられる発表でした。

買うか買わないか

ほしい・・・が、soliレーダーが2020年春まで日本で使えないので、春以降に買うとなるとpixel3→pixel3aのようにpixel4aが夏ごろに出そうですよね。

スマホなしでも今のところ困っていないので、廉価版待ちってのが正直な感想です。

ただ、数年前にiPhone7の発表を見て以降スマホの新機能に興味を失っていた僕でしたが、今回はとても楽しめました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です