ドイツ発の超極薄スマホグリップ「gobelt」を買ったのでレビュー

スマホやタブレット端末を落とさないために背面に付けるリングあるじゃないですか。 スカスカの指輪みたいなあれです。

僕は街で見かけたバンカーリングユーザーを見ては「便利そうだな」という気持ちと「メリケンみたいで怖いな」という気持ちを同時に感じて購入するまでには至りませんでした。

「メリケンに見えないリングがあれば買うのになー」と探していたら 見た目もスタイリッシュで機能性も申し分ないアイテムに出会いました。 その名も「goBelt」

gobelt003

まだ市場に売っていなくて、プロジェクトに支援というかたちでお金を払ったところ きちんと届いたのでレビューしていきます。

Makuakeでの資金調達

資金調達はMakuakeというクラウドファンディングサイトで行われていました。 (現在は終了しています。)

なんと目標金額の10039%達成という結果に。 数絞って生産していたのかもしれないですね。 これだけ支援されているのだから製品として発売してほしいなと思います。

現在はmachi-yaというクラウドファンディングサイトで支援可能です。 こちらのサイトは使用したことないので、きちんと調べてから支援してください。

kindleに付けてみた

さっそくKindle Paperwhiteに付けてみました。 付け方は本体かケースに貼り付けるだけです。 Kindle Paperwhiteの背面みたいなシリコンっぽい素材だとうまく貼り付けられないらしいので、付属のシートを噛ませて使っています。

gobelt004

使い方も簡単でベルトを指でスライドさせるだけ。 リングみたいな輪っかがでてきます。

gobelt001
Makuakeから引用

ただ最初は素材が固いのでスライドしづらいです。 爪が短い人は最初使いづらいかもしれません。 ここは改善してほしいポイントです。

引き出したグリップをひねるとスタンドにもなる

輪っかを作った状態でベルトをひねるとスタンドになります。 左右どちらにもひねることができ、2種類の角度を付けられます。

gobelt002
Makuakeから引用

僕はkindleに付けたのでスタンド機能は使いませんが、スマホで動画を見る方には嬉しい機能ですね。

収納時は1mmの極薄グリップ

ほかのバンカーリングと大きく違うのは薄さです。 グリップ収納時の薄さは1mm。 平らな場所に置いといても気にならない厚さです。

gobelt005

装着したままワイヤレス充電、電子決済が可能

kindleに付けたので試せないですが、スマホにgoBeltを付けたままでも電子決済ができます。 あらゆる決済をスマホで統一してる人にとってはかなり使いやすいアイテムだと思います。

goBeltをkindleに付けたら寝ながらの読書が捗った

goBeltを購入した一番の理由は「端末を落とさずに寝ながら読書をすること」でした。 これで寝転がりながら横向いてkindleをどちらの手で持っても快適に読書できるようになりました。

存在感のあるバンカーリングが苦手な人にはおすすめです。

 

追記 2021.0610:Amazonで販売してました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です