いい感じの文房具が売っているTENTの商品をいくつか買いました

特に外に出る予定はないけども「出かけた時の事」を想像してポーチの中身を整理したりするのが好きです。

そんなことをしているときにインターネットで見つけた文房具はついつい買ってしまいます。
今回もそんなノリで買いました。

TENTについて

TENTはシンプルなデザインで使い勝手がよさそうなものを売っているお店です。
文房具が多いですが、家電や調理器具なんかも売っています。

プロダクトデザインを中心に東京の中目黒で活動する
クリエイティブユニットTENTの
デザイナー2人が運営する直販Storeです。
TENTから引用

購入したのは3点。
どれも外出時に活躍するものばかりです。

SAND IT / A4タテ(blue grey)

ひとつめはSAND IT(サンドイット)という商品です。

SANDIT01

こちらはA4サイズの書類を入れるドキュメントホルダーです。
2枚の板をゴムで挟んであり、書類の数によって厚さが変わります。
そのため、書類が少ないときはサンドイットも薄い状態で持ち運べます。
また、中には2枚の仕切り板が入っていて、ざっくり4つに種類分けして収納できるんです。

SANDIT02

昔はプラスチックのファイルケースに書類を入れていて、ケースのサイズが大きくてリュックに入らなかったり、書類を入れていないときも存在感があって不便さを感じていました。
サンドイットは最低限必要な部分だけ残したいいドキュメントホルダーだと思います。
あとカラーも淡いブルーグレーで好みです。

種類はタテ型とヨコ型の2種類あって、僕はタテ型を購入しました。
リュックに常に入れて使おうと思ったので、タテ型の方がアクセスしやすいと思ったからです。

SANDIT05

リュックを背負いながら書類を出し入れする経験がある人はタテ型のがいいかもしれません。

SAND IT / カード(blue grey)

続いては先ほど紹介したサンドイットのカードホルダーです。
色は同じくブルーグレー。

SANDIT03

作りは書類用のサンドイットと同じで、2枚の板をゴムで挟んであり、中には2枚の仕切り板が入った作りになっています。
名刺で約60枚収納可能です。

SANDIT04

買い物に出かけてもクレジットカードと移動用にICカードを持ち歩くくらいで財布いらないなと思っていたので、しばらく財布代わりで使ってみています。

SLIT white 3枚セット

最後はコピー用紙を冊子にできるSLIT(スリット)というファイルです。

SLIT01

僕は文字を書くのが得意ではないです。特に小さいメモ帳にメモ書きするのが苦手です。
文字を書く場合も大きい紙に書いています。
ただ、コピー用紙みたいに独立した紙だと書き終わった後収納に困るんですよね。
複数毎あると順番管理も難しいですし。

そんな雑に書いたメモ書きをスリットに入れておくだけで冊子風に保管できます。
パラパラとめくって書いたことも見直せます。
A4コピー用紙20枚収納可能なので、スキャナーと併用して使えるのが良さそうだなと感じました。

まとめ

以上3点がTENTで購入した商品です。
普段使いで「ちょっと不便だけどまあいっか」みたいなプチストレスを消してくれる商品が多くて、今後もどんな商品が出るのか楽しみにしています。

他にもいろいろな商品があるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です