【MPO XS】MPCモチーフのpocket operatorケース届いた

Teenage Engineeringというスウェーデンの電子楽器メーカーをご存じでしょうか。
僕はこの会社の電子楽器が好きで、OP-1とpocket operatorというシンセサイザーを持っています。

かわいらしい見た目なのに、中身はちゃんとした楽器というところが好きです。

特にpocket operaterというシリーズは価格もそれほど高くなく、「制限はあってもいいから音楽作ってみたい」という人におすすめしています。

今回はpocket operatorの専用ケースを海外で購入しました。
非常に出来が良くて気に入ったので、記事にしておきます。

MPCモチーフのpocket operatorケース届いた

販売サイト

こちらのサイトで購入しました。

 

ちょっとしたlofiサウンドのサンプルパックや、Tシャツなどが売っている小さなサイトです。

以前からこのサイトではSP303というサンプラーをモチーフにしたケースが販売されていましたが、ずっと売り切れ状態でした。
ネット記事ではたびたびおしゃれなケースとして登場していましたが、とくに販売が再開された形跡もなく、手に入れるのは難しいだろうなと思っていたんです。

ところが今年の8月に急にプレオーダーで期間限定の受注生産を開始したのを見つけて、すぐ注文しました。

注文から8週間ほど経って最近ようやく届きました。

前面 背面 側面

購入したケースはこちら。本体はすでにケースに入った状態です。

mpo_xs01

明らかにMPC3000をモチーフにしたこのケース。最高過ぎませんか?
ちなみに背面もきちんと覆われていて、pocket operatorのちょっと残念なところであった基盤むき出しも解決してくれています。

mpo_xs02
ケースを装着したままの状態で電池が交換できるところもgoodです。

サイドはシンプルな作りでケーブルを刺す部分に穴が開いています。

mpo_xs03 mpo_xs04

また全く意味はないですが、MPCへのリスペクトなのか、ボタンがついています。
pocket operatorはこの部分にボタンがないので、飾りです。

mpo_xs07

ボタン

mpo_xs05

ボタンは思ったよりも高さがあります。
押しづらいとかはないのですが、ちょっとボタンがグラつく感覚はあります。
もうちょっと低い方がPADっぽいかなと思いました。

mpo_xs09

ノブにもキャップがついていて、MPCの雰囲気を損なわない作りになっています。
すばらしい。

ロゴ

本体ロゴは印刷されているのかなと思っていたのですが、細いラバーで文字が作られています。芸が細かいです。
mpo_xs08

まとめ 

とりあえずかっこよくなりました。

mpo_xs06

見た目が良くなるとテンション上がりますね。
楽器は見た目も大事です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です