Corsair M65 RGB ELITE -White-レビュー

3年ぶりにマウスを買い替えました。
自作PCを組んでから使い続けていた激安なんちゃってゲーミングマウスとサヨナラです。

購入したCorsair M65の外観や使い心地、スペックなど紹介します。

Corsair M65 RGB ELITE Whiteレビュー

購入したマウスはCorsair M65 RGB ELITE Whiteです。

M65_RGB_ELITE01

外観

外観は白とグレーでできており、裏側はむき出し構造になっています。
ぱっと裏を見ると異様にメカメカしいのもなかなかかっこよくて気に入っています。

M65_RGB_ELITE02

M65_RGB_ELITE07

白い部分はツルッとした素材でできていて、サイドのグレーの部分はザラッとしています。

M65_RGB_ELITE03

M65_RGB_ELITE04

手にフィットするというよりは手のひらの部分はツルッとしているので、苦手な人もいるかもしれないです。

僕は最近マウス操作をするときは手袋をつけているので、このツルッとした部分は使ってて不便とは思いませんでした。

あとゲーミングマウスにたまにあるヒレみたいな部分。
M65_RGB_ELITE05

これは操作してみて気づいたのですが、エイムに安定感が増します。
これ以上大きくなったら邪魔だけど、ヒレはもっと大きいほうが安定しそうだなと思いました。

ボタンは全部で8つあり、専用のソフトでマクロを組むこともできるみたいです。
M65_RGB_ELITE06

M65_RGB_ELITE08

スペック

スペックは以下の通りです。

DPI18000DPI
センサーPMW3391
センサータイプオプティカル
マウスのバックライト2ゾーンRGB
マウスボタンタイプオムロン
接続有線
重量97g~
ケーブル1.8m

背面から重さを調整できる

このマウスの背面には3つも重りが入っています。
この3つの重りをすべて外すと97gまで軽くすることが出来ます。

M65_RGB_ELITE09

最近のマウスは60g台のものも出てきているので、特別軽いというわけではないですが、操作してけっして重いと感じる部類でもなかったです。

サイドにはスナイパーボタンで一時的に感度を下げられる

サイドにはブラウザで使われる[進む][戻る]ボタンの他にスナイパーボタンというものがついています。

M65_RGB_ELITE06

押すと感度を下げられるボタンとして割り振られていて、まさにスナイパーなどの長距離武器の際に感度を下げて使うことが出来ます。

このスナイパーボタンを含め、すべてのボタンはマクロ設定できるので、ゲーム用途以外の作業でバンバンマクロを割り振って使うのにも便利ですね。
間違っても対人ゲームでマクロを使用するのはやめましょう。

総評

大きさもちょうどよく、何より見た目がいいので気に入っています。
親指あたりにあるヒレみたいな形状も最初は慣れるか不安でしたが、なんの違和感もなく使えてます。

もともとマウスの良し悪しに敏感ではないので、使っていて不便だと思う部分はありませんでした。

M65_RGB_ELITE10

FPSゲームでスナイパーボタンを使うかは微妙ですが、サイドに3つボタンがあれば編集ソフトでなにかしらの用途を割り振れると思うで、使っていきたいと思います。

他にも買おうと思ってるマウスがいくつかあるので、そのうち買ったらレビューしますね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です