飲んだ量がわかる水筒『Joseph Joseph』のウォーターボトル買いました

1日2Lくらい水を飲んだほうがいいというのはよく聞く話ですよね。 実際は食材の水分を差し引いて1.5Lくらいでいいらしいのと、一気に大量の水を飲むのではなく、こまめに少しずつ飲んで体内の水分を保つような意識で飲むといいらしいですね。

特に美意識は高くないんですけど、なんとなく「水飲むのたいせつ」みたいな記事や動画を見ていて、ちょっと意識して飲んでみようかなと思ってあるボトルを購入しました。

Joseph Joseph ウォーターボトル

購入したボトルはJoseph Joseph ウォーターボトル。

JosephJoseph01

キャップのカラー展開はいくつかされていて、僕はグレーを選びました。 明るいグリーンなんかもあった気がします。 ボトルの容量は600mlです。

一見普通のボトルですが、キャップの部分をひねると白○がカウントされます。

JosephJoseph02

○は5つまでカウントできて、6回目にキャップをひねるとリセットされます。 数え方にもよりますが、単純に600ml*5で3Lまで計算できる仕様ですね。 僕は飲み終わるたびにキャップをひねって「今何杯飲んだか」をカウントしているので、カウンターが2つ溜まっているときは3杯目を飲んでいるという数え方をして使っています。

一日PCの前にいるとほとんど水を飲んでいなかった

机の上には機材が多いので、コップや飲み物を置くのが嫌、というのもあって作業中は手の届くところに飲み物を置かない生活をしていました。

JosephJoseph03 飲み物をこぼしたら一発アウトのデスク

水筒置いとけよって声も聞こえてきそうですが、部屋からキッチンも近いためすぐ取りに行けるだろと思ったのと、「わざわざ水筒買うのもなあ」というめんどくささがあって、買わないままで過ごしていました。特別困ってないことって後回しにしがちですよね。

たぶん一日中PC作業しているときは1Lも飲んでなかったです。

一日の水の量を意識して生活するようになった

購入してからは毎日3杯(1800ml)程度は飲めてます。 「今日は2Lくらい飲めたな」とざっくり計算ですが意識できるようになりました。

JosephJoseph04

今まで一日どれくらい飲んでるのかさっぱりでしたので、ボトル一つである程度把握できるようになったのはよかったなと思ってます。

どれくらい体に変化があるのかは正直興味ないですけど、作業中にちょっとずつ水を飲むというのは、いままでの生活に入れても続けられそうです。