乗り物乗れない人がディズニーシー行ったらライトな海外旅行気分になれた

初めてディズニーシーに行きました。
絶叫系全く乗れない僕でも「また行きたい」と思ったので、同じく乗り物苦手な人、そもそもディズニーキャラクターに興味がない人にもおすすめしたいです。

ディズニーそんなに好きじゃない

まず僕はディズニーランドは好きではないです。
ピクサーの映画もゴリゴリの3Dアニメーションが苦手でほとんど見てないですし、ディズニーキャラクターにもほとんど愛着が持てない人間です。唯一ピグレットは臆病だから好き。

小学生の頃に数人で行ったディズニーランドも断片的に辛かった記憶があります。
僕だけスプラッシュマウンテンに乗れないので、シャッタースポットでカメラ構えながらみんながちょっと濡れて降ってくるのを待っていたんです。
子どもながらに「保護者かよ」って思ってました。

その後も何度かディズニーランドに行きましたが、どうしても「乗れない人間の時間」が生まれてしまいますね。

たぶん参加者が均等に乗れる人と乗れない人の構成なら別の楽しみがあるかもしれないですが、世の中ディズニーランドの乗り物に乗れない人はあんまりいないと思います。

ランドとシーの違い

そんなディズニーランドを楽しめない僕でもディズニーシーが楽しいと思えたポイントは

「ディズニーキャラクターに興味なくても歩いていて楽しい」

これに尽きると思います。
とにかく移動が楽しいです。

天下のオリエンタルランドが知を集めて飽きない要素をたくさん入れているのでしょう。
その中でも気づいた(あらかじめ聞いていた)ポイントを紹介していきます。

街を錯覚させる外国を模したエリア

さまざまな外国の街を模してエリアに分けて再現していて、その再現度が非常に高いと思いました。海外ほぼ行ったことないんですけど。

人を避けて、ディズニー的な要素が一切ない通路があって、そういった場所を見ると「海外旅行に来たんだな」と錯覚します。

歩いていて何度か「喫茶店ないかな」と探してしまいました。
もちろんないんですけど。

本当の街ではないのでBGMを流す用のスピーカーなどが辺りにいくつかありますが、それらをうまく視界から外して向かいの景色を見れるポイントなどもあり、日本のとは思えない景色です。

特に下調べもせずにいったので、「このポイントが絶景」みたいな場所もあるかもしれないですね。次回行く時はその辺を調べて行こうかなと思います。

そこらへんにベンチがあるのですぐ休める

ベンチがとにかく多いです。
ちょっと歩いたらすぐベンチがあるので「疲れたらその辺にベンチあるし休めばいっか」って気持ちになって気楽に歩けます。

やっぱりディズニーシーは広いし、人も多いので、自分の思うように歩けないことが多々あります。
この「思うように歩けない」って結構疲れに直結しますよね。

普段外でない人間にやさしい設計です。

エリアごとに流れている音楽の音量バランスが素晴らしい

これは友人から聞いていたことなのですが、各エリアで流れているBGMのバランスが素晴らしいです。
例えばイタリアを模したエリアからアメリカを模したエリアではそれぞれ別のBGMが流れています。

双方のエリアに移動するときにBGMがうまく混在しないバランスに作られているんです。
「ゲームか!?」と思います。
気づいたら別のBGMになってますからね。

園内の移動手段が複数ある

全く下調べせずに行ったのでこれは驚きました。
園内に電車が走ってるんですもの。

完全に街です。
船の移動もあるみたいですが、今回は乗りませんでした。
徒歩以外にも移動手段があるところも飽きにくい作りになってると思いました。
後半の移動は結構しんどいですからね。

乗ったアトラクション

ここまで書いて一切アトラクションの話してなかったので、僕でも乗れたアトラクションを列挙してきます。
ちなみにディズニーではカリブの海賊が乗れないです。

  • ソアリン:ファンタスティック・フライト
  • タートル・トーク
  • ヴェネツィアン・ゴンドラ
  • トランジットスチーマーライン
  • エレクトリックレールウェイ
  • トイ・ストーリー・マニア
  • ニモ&フレンズ・シーライダー
  • シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

コーヒーカップ系もジェットコースター系も避けて乗ったので、当日乗れそうなアトラクションは全て乗ったと思います。

絶叫系が無理な人はニモとソアリンは揺れと没入感が高いので避けた方がいいかもしれないです。
僕の場合はどちらの乗り物も何度か目を瞑って乗り切ったって感じです。
物理的に身体が落ちたりしないので、揺れが平気な人は乗れると思います。

とりあえず満足度が高かった

開園前から閉園ギリギリまでいましたが、飽きることなく楽しめました。
冒頭でも書きましたが、絶叫系全く乗れなくてキャラクターに興味がない人でも十分楽しめると思います。

「ランドもシーも一緒でしょ」と思ってる人は一度行ってみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です